こちら杉並区中央線

楽しくてディープな中央線ライフをお届け。中野、高円寺、阿佐ヶ谷、荻窪、西荻窪、吉祥寺

インド旅行

【インド女一人旅】世界遺産タージマハル、サリーをレンタルするお店は?|体験談をご紹介します!

投稿日:2020年1月10日 更新日:

インドの有名な世界遺産「タージマハル」は、その独創的なデザインと美しい白亜の大理石で、訪れる人々を魅了します。

こんな風にインド人カップル(もしかしたら婚約記念かな?)も、特別なサリーを着て、タージマハルで思い出の写真を撮るようですね。

今回はサリーを着てタージマハルを観光するために、サリーをレンタルできるお店と、体験談をご紹介します。

インドを旅する女性は必見!
旅の思い出に、ぜひインスタ映え写真を撮りませんか?

世界遺産「タージマハル」には、自分好みのサリーを着て行こう!

インドの代表格的な建物としてとても有名な世界遺産「タージマハル」ですが、実はお城ではない!?ということをご存知でしたか?

ムガル帝国第5代皇帝シャー・ジャハーンが、1631年に死去した愛妃ムムターズ・マハルのために建設した総大理石の墓廟(Wikipediaより)

愛する奥さまのためにつくられた美しくも壮大なお墓だったのですね。

朝日に照らされるタージマハルはとても幻想的。

まるで400年前のインドに訪れたかのよう。
サリーを着ると、この幻想的な空間にすっかり溶け込んでしまいそうです。

インドの伝統衣装「サリー」は、現地レンタルがおすすめ

伝統衣装サリーを着るためには、いくつか方法があります。
その中でもおすすめは、便利で簡単な「現地レンタル」です。

タージマハルがある街「アゴラ」では、タージマハル近くにあるお店で、直接レンタルできます。

まずは現地ショップへ

レンタル価格は ¥1,500〜3,000くらい
(※デザインによって異なります)
★ベーシックなデザイン:¥1,500ほど
★少しゴージャスなデザイン、お姫さまなどが着用するサリー: ¥3,000ほど

カード払いもOKです。
(サリーレンタル料金は¥1,500〜とかなりお手頃価格ですし、「カード払いだとtaxがかかってもったいないよ?」と店員さんが教えてくれたので、わたしは現金払いにしました。)

好みの色やデザインを選ぶ

メインとなるカラーを選びましょう!
サリーの色にはそれぞれ意味があるので、選ぶポイントにしてみてはいかがですか?

赤→愛情(誕生日や結婚式に選ばれる)
黄色→無実
青→純粋
緑→地球

余談ですが、サリーの種類はもともと出身の村ごとや社会的、文化的な地位、さらに既婚or未婚などで決っていたようです。

昨今ではさまざまな素材や色があり、自分の好みで選ぶ人たちが増えているんだとか。
ぜひ自分にぴったりの色やデザインを探してみてくださいね!

アクセサリーも追加すれば、まるでお姫さまのように

お好みでイヤリングや首飾り、また額につける装飾品などをつければ、テンションがより一層盛り上がります♪

もちろんお店のスタッフが着せてくれる

店舗内にある更衣室にて、スタッフがサリーを着せてくれます。

わたしはレンタル前日午後1時ごろにお店へ。
それぞれのサリーを鏡の前で合わせながら、じっくり吟味しました。

そこで着付けの予約も翌朝7:00にあらかじめお願いすることに。
(なるべく早い時間にタージマハルへ行き、あわせて日の出を見る計画です。)

翌朝、時間ぴったりに到着するとお店のシャッターはまだ閉まったまま。
現地ガイドさんに電話してもらい、店舗裏にあるご自宅のドアを開けてもらうことに。

リビングで寝ていたおじいさま?は半強制的に起床され、ご家族である妹さんとお母さまが、ご自宅のリビングにて眠い目をこすりながら着せてくれました。

日本とは異なり、ローカルタイムでゆっくりアバウトに営業されているのかもしれません。

わたしにとっては、インドのアットホームな一面を垣間見ることができ、ちょっとラッキーでした。

日本語を話せるスタッフがいるので安心

こちらの店員さんは、基本的な会話であれば日本語が通じます。
日本人観光客も多いようで、とても慣れているようでした。

もちろん気に入ったサリーがあればレンタルではなく、購入することも可能です。

念願のタージマハルをバックに、サリーを着て記念写真をパシャり!

「女一人旅でサリーを着るのは恥ずかしいかな」とはじめは迷いましたが、「せっかくインドに来たんだから!」と、思い切ってレンタルした結果、とてもよい記念になりました♪

▶︎▶︎▶︎このお店でレンタルサリーを予約する

サリーのレンタルショップ『Kala Kendra』の情報はこちら

『Kala Kendra』
場所:HOWARD PLAZA HOTEL隣 / 営業時間:月〜日 / 7:00〜21:00
タージマハル西門(western gate)まで、車で5分、徒歩で15分。
(※ローカルショップのため、早朝はシャッターがしまっている可能性があります。
早朝7:00〜ご希望の方は、前日までに予約することをおすすめします。)

▶︎▶︎▶︎このお店でレンタルサリーを予約する

▼はじめてのインド旅行は、便利で安心、お得な海外ツアーがおすすめ▼

現地でいきなりレンタルするのはちょっと不安・・・という人に、こんな方法もあります

旅行前にあらかじめネット購入する

サリーを着るのは一見むずかしそうですが、スカートのようにはいて、上半身の部分もコツを掴めば、自分で簡単に着ることができます。

ツアーに申し込み、サリーレンタルの予約をする

H.I.S.ではオプショナルツアーで、こちらのお店『Kala Kendra』でレンタルサリーの予約ができます。

▶︎H.I.S.でこのお店のレンタルサリーを予約する

▼はじめてのインド旅行は、便利で安心、お得な海外ツアーがおすすめ▼
インドはとても広く各観光都市への移動や安全を考えると、はじめての方は海外ツアーがお得で安心ですよ。
(タクシーやオートリキシャーでは毎度毎度の値段交渉が必要ですし、彼らの営業をやり過ごすのに、わたしはかなり時間と体力を浪費してしまいました。)

海外旅行でスマホを使うなら、あらかじめSIMを購入するのがおすすめ▼
→インド到着後に現地SIMを購入した場合、通常、開通までに約1日かかります。
このSIMカードなら差し込むだけですぐに利用することができ、しかも近隣国でもSIMの差し替え不要で継続利用できるので、とても便利でしたよ!
(※データ通信専用)

スポンサーリンク

おすすめの中央線本

中央線沿線の住人なら、分かりすぎてツラいはず…(笑)

ブログランキング参加中です!よければポチッとお願いします↓

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログへ

-インド旅行

関連記事

【インド女一人旅】バラナシ「Ashish Cafe」でガンジス川を眺めながら食べるランチがおすすめ!

インドに訪れるなら、ぜひ一度見ておきたいのが、聖なる「ガンジス川」ですよね。 ガンジスのゆったりとした流れを眺めながら、時間を忘れ、川のほとりでゆっくりと過ごすのも、日本では決してできない体験の1つで …

【インド女一人旅】バラナシ・ガンジス川の見えるカフェ「Aadha-Aadha cafe」のランチがおすすめ!

インド旅行の醍醐味とも言える、聖なる川「ガンガーリバー」の眺め。 あまりに雄大で穏やかなガンジス川の流れは、ふと足を止めて、ゆっくりと時間を忘れてずっと眺めていたくなるほど。 そんなとき、ガンジス川を …

【インド女一人旅】ニューデリー・本格南インドカレー「サラヴァナ・バワン」のおすすめタリーがおいしい!

小さな丸いシルバーの器に入った、たくさんのカレーがずら〜り! せっかくインドを旅するなら、こんな本格インドカレーを食べてみませんか? 今回は地元インド人にも人気の、安くて、おいしい「南インドカレーのお …

【インド女一人旅】ニューデリー「THE DRUNKY YARD CAFE」のバターチキンは日本人好みのおいしさ!

旅行中に困ることの1つが、「ごはんを食べるお店」。 特にインドは、屋台など、ローカルなお店が多く、日本人にとってはかなり勇気がいります。 そこで今回は、インド・ニューデリーで、日本人が1人でも安心して …

執筆者:こちら杉並区中央線

サイト内検索